1. ホーム
  2.  > 種(キャベツ)
  3.  > キャベツ【輝岬】 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  葉菜類(葉を食べる)
  2.  > キャベツ【輝岬】 ※無消毒

キャベツ【輝岬】 ※無消毒

●12月〜2月の硬いキャベツが中心の時期に、やわらかいキャベツを食べられる!(夏〜初秋まき)

当店がある長崎県北部では、8月中旬〜9月上旬に播いて、12月下旬〜3月上旬に収穫できます。

キャベツは一般的に9月には種まきできません。

最近は「春のかおりSP」という品種が開発されましたが、この時期に播ける品種は、他にほとんどありません。(2018年現在)

そんな中、「輝岬」は9月上旬までではありますが、播くことができます。

11月〜2月の収穫する時期には、寒玉系の硬いキャベツが中心の時期になりますので、
この時期に、やわらかいキャベツを食べられるのは嬉しいです。

冬の時期なので、鍋などには寒玉系が最適なのですが、
生食での「やわらかさ」「みずみずしさ」を重視されるなら、この「輝岬」か「藍蜜」を、お薦めします。

「輝岬」は、寒さによって傷まない程度の歯切れのよいやわらかさで、水分含量が多くて品質が良いです。

また、裂球も遅いので、収穫時期も幅が広く、畑に長く置いておくことができます。

畑に置いて寒さにあてることで、甘さが一段と高まります。

「やわらかくて、甘いキャベツがあまり出回らない時期に出荷できる」「揃いが良くて箱詰めしやすい」と市場での評価も高いです。

種まき時期の幅は狭いですが、夏の遅まきができることもあり、時期を狙って作るのであれば、お薦めの品種です。

●種まき時期
冷涼地:2月下旬〜4月中旬
中間地:8月中旬
暖地 :8月下旬〜9月上旬
(冷涼地の冬〜初春まきについては温床育苗を行い、定植時はトンネルを利用してください)
※詳しくは画像をご覧ください。各地方により栽培適期は異なります。

〔有効期限更新分の入荷目安〕毎年7月上旬ごろ
※年によって違いますので、詳しくはお問い合わせくださいませ。

●種まき方法
128穴セルトレイでの育苗の場合、1粒ずつ播き、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
本葉3枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間35〜40cmを目安として定植します。

ポット育苗の場合、3〜4粒ずつ播き、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
本葉5枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間35〜40cmを目安として定植します。

●育てるコツ
元肥を控えて、追肥主体とし、収穫期まで安定した肥効を保って、結球を促進します。
玉肥大がよいので、やや密植して多収を狙うと良いです。

購入数

売り切れ

 
小袋:1.3mL
2000粒
【コート種子】5000粒

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)