1. ホーム
  2.  > 種(トウガラシ)
  3.  > 甘トウガラシの種【万願寺とうがらし】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > 甘トウガラシの種【万願寺とうがらし】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > 甘トウガラシの種【万願寺とうがらし】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  辛くない品種
  2.  > 甘トウガラシの種【万願寺とうがらし】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  固定種
  2.  > 甘トウガラシの種【万願寺とうがらし】〔固定種〕 ※無消毒

甘トウガラシの種【万願寺とうがらし】〔固定種〕 ※無消毒

●肉厚でおいしい!京都の有名な「甘トウガラシ」

京都府舞鶴市が発祥の甘トウガラシです。

京都では、品質の基準を満たしたものを「万願寺甘とう」と呼び、ブランド化して販売されています。

「万願寺とうがらし」は、肉厚で甘みがあり、その風格から「とうがらしの王様」とも呼ばれています。

網焼きにして、かつお節と醤油をかける定番の食べ方が、1番おいしいと思っています。

炒め物、煮物、てんぷらなどでも、いろいろな料理に利用できます。

同じ京都の「伏見甘長」と比べると、「万願寺とうがらし」の方が肉厚ですが、収穫量は「伏見甘長」が勝ります。

「万願寺とうがらし」の方が肉厚にはなりますが、個人的には「伏見甘長」の細長さも、料理の使い勝手が良いと思っています。

最近では、「万願寺とうがらし」の改良種である「甘とう美人(F1)」も有名です。

「肉質のやわらかさ」「収穫量」「作りやすさ」では、「甘とう美人(F1)」が優れていますが...

固定種をお探しであれば、この「万願寺とうがらし」をお選びくださいませ。

●種まき時期
中間地:2月中旬〜5月中旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

購入数

売り切れ

小袋:1mL330円(内税)
在庫なし
20mL3,300円(内税)
在庫なし
1dL8,470円(内税)
在庫なし

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)