1. ホーム
  2.  > 種(ナス)
  3.  > ナスの種【真黒茄子】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > ナスの種【真黒茄子】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > ナスの種【真黒茄子】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  中長ナス
  2.  > ナスの種【真黒茄子】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  固定種
  2.  > ナスの種【真黒茄子】〔固定種〕 ※無消毒

ナスの種【真黒茄子】〔固定種〕 ※無消毒

●中長ナスの元祖!ほとんど流通しない貴重な固定種!

ちなみに「真黒」は、「まっくろ」ではなく「しんくろ」と読みます。

この「真黒茄子」は、中長ナスの代表品種である「千両二号」の片親であり、中長ナスの原型ともいわれる固定種です。

50年ほど前(1969年頃)、関東を中心に流通していましたが...

現在では、種子を販売しているところすら、ほとんどなくなってしまった貴重な品種です。

純系の「真黒茄子」としては、ほとんど作られなくなったものの...

現在でも交配種(F1種)の片親として有望な品種で、品種改良などに利用されています。

なぜなら...

とてもおいしく、見た目の良い品種だからです。

名前の通り、皮は真っ黒!

他の品種と比べると、光沢が少なく、特に漬物や加熱調理した時は、その黒さの違いが目に見えて分かります。

上品な色で、料理の高級感が増すと思います。

そして皮は薄くて、やわらかく、食味の評判については、とても高い品種です。

焼きナスなら「ふわとろ長ナス(F1)」、揚げ物なら「揚げてトルコ(F1)」など、特化した品種もありますが....

この「真黒茄子」は、漬物から、焼き物、煮物、揚げ物など、どの料理にも適しており...

万能タイプの中長ナスの中で、「おいしさ」で選ぶのであれば、自信をもってお薦めできます。

...ではなぜ、流通しなくなったのでしょうか?

それは、秀品率が低く、収穫量も上がらないためです。

やわらかい皮も、流通と言う意味では、傷がつきやすく、不向きという理由もあったのかもしれません。

改良された品種と比べると、病気への抵抗性が弱く、生育も旺盛ではないので、農業経営と言う意味では、難しい品種ではあります。

ただ、なくなってしまうには惜しい品種。

「おいしいものを食べてみたい」という家庭菜園の方や...

「料亭などに高品質なものを提供したい」という農家の方などには、ぜひお薦めした品種になります。

●種まき時期
中間地:2月中旬〜5月中旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

販売価格 330円(内税)〜5,280円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
1mL
20mL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)