1. ホーム
  2.  > 種(トウモロコシ)
  3.  > ヤングコーンの種【ヤングコーン】〔F1〕
  1. ホーム  >  ヤングコーン
  2.  > ヤングコーンの種【ヤングコーン】〔F1〕

ヤングコーンの種【ヤングコーン】〔F1〕

●たくさん収穫!ヤングコーン専用品種!

缶詰でお馴染みのヤングコーン(ベビーコーン)です。

その名の通り、トウモロコシの実が大きくなる前に若採りしたもので...

通常は、普通のトウモロコシを育てる過程で、摘果したものが「ヤングコーン」として出回ります。

※摘果とは、収穫する1本を大きく育てるために、過剰に出てきた実を摘み取ることです。

つまり「ヤングコーン」は、目的と言うよりは、副産物になります。

しかし...

この品種は、「ヤングコーン」を収穫するために開発された専用の品種になります。

どう違うのかと言うと...

普通の品種が1〜2本しか「ヤングコーン」が出てこないのに、なんと...

2〜3本出てきます!!!

え?ほとんど変わらなくない?

...と、思われるかもしれませんが、この差を甘く見てはいけません。

もう一つ、普通の品種との違いがあります。

それは、「株間」です。

普通の品種は株間30cmほどなのですが、この品種は株間10cmで育てることができます。

このことを踏まえて、1屬△燭蠅亮穫本数を考えると...

普通の品種:16〜32本(1〜2本×16株)

専用の品種:242〜363本(2〜3本×121株)

その差は、10倍以上です。

缶詰とは違うフレッシュな甘さと歯ごたえがあり、新鮮なものは、皮もヒゲも食べられます。

炒め物やサラダ、天ぷらなどにすると、とてもおいしいです。

なかなか出回らない生の「ヤングコーン」は、家庭菜園ならでは。

ぜひ、お試しくださいませ。

●種まき時期
冷涼地:4月中旬〜7月上旬
中間地:3月中旬〜7月中旬
暖地 :3月上旬〜7月下旬
(初春は温床育苗を行ってください。)

●種まき方法
幅90cmの畝に、株間10cmを目安として、1か所に種を2粒ずつ点まきして、厚さ2〜3cmほどに覆土します。
間引きは本葉が4〜5枚ごろまでに行い、1本立ちにします。

●育てるコツ
穂先(雄花)が咲き始めたら切り取って、受粉しないようにします。
ヒゲ(雌花の絹糸)がでたら、なるべく早く収穫します。

購入数

売り切れ

小袋:45mL(目安:100粒)

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)